SPOTWRITE > NPO・団体 > コミュニティデザイナーが語る、「コミュニティポートフォリオ」のススメ ー議論メシ 黒田悠介さん 
2019.10.29

コミュニティデザイナーが語る、「コミュニティポートフォリオ」のススメ ー議論メシ 黒田悠介さん 

黒田 悠介

「議論で新結合を生み出す」というビジョンのもと、新たな職業とコミュニティを生み出します。

チームランサー

新しい働き方を応援するチームビルディングサービス。

この記事は、フリーランサーやパラレルワーカーのための チーム支援プラットフォームサービス「チームランサー」からの転載記事です

黒田 悠介
「議論で新結合を生み出す」というビジョンのもと、新たな職業とコミュニティを生み出します。
①【職業×議論】 ディスカッションパートナーを生業とする。スタートアップから大企業の新規事業まで、1on1を主とした議論で立ち上げを支援。
②【コミュニティ×議論】フラットでポジティブな対話「議論」でつながるコミュニティ「議論メシ」を主催。

その他、フリーランスコミュニティ「FreelanceNow」の発起人や、メディア「文系フリーランスって食べていけるの?」運営など、「フリーランス研究家」として働き方の多様性を高める活動も。ハンチング帽とメガネがトレードマーク。東京大学文学部心理学→ベンチャー社員×2→起業(売却)→キャリアカウンセラー→フリーランス研究家→ディスカッションパートナー→コミュニティデザイナーという紆余曲折なジャングルジム型のキャリア。
チームランサーの黒田悠介さんのページ
黒田悠介さんのチーム 議論メシ

取材マッチングサービス「LOOKME」とのコラボ企画によって実現した、コミュニティデザイナー・黒田悠介さんのインタビュー。黒田さん主催のコミュニティ「議論メシ」では、多様なメンバーが揃いながらも意見がぶつかることはないそうです。
良いコミュニティの文化はどのように生まれるのか? コミュニティデザイナーの役割って? 私たちはコミュニティに入ったほうがいいの? など、コミュニティの構造にまつわる、ありとあらゆる疑問をぶつけてみました。

バームクーヘンのように、文化を作る

――議論メシには協創的な文化があると仰っていましたが、そういった文化づくりのコツを教えてください。

時間をかけることです。現在議論メシには約150人のメンバーが所属していますが、ここまで来るのに約2年かけています。


いきなり大人数のコミュニティを始めると、文化って作りづらいんです。マウンティングしたり、相手を否定する人が出てきてしまう。議論メシも立ち上げ時メンバーは8名です。その初期メンバーで濃い文化を作り、少しずつ人を増やしていきました。バームクーヘンの生地を一層ずつ丁寧に焼き上げるのにも似ています。

また、受け身の姿勢で介入することも重要です。「どうなるかな?」とカオスを見守り、何か起きたときにフォローやファシリテートでサポートする。こういった姿勢がコミュニティデザイナーには求められますし、文化醸成には必要だと思います。

介入するタイミングも重要です。メンバーの能動性を生むには事後介入が重要で、私はメンバーが取った行動に対してアクションしています。イベントを主催した、とか、他メンバーと一緒に新しい活動を始めた、とか。そういう能動的な行動を見かけた際に、それをピックアップして他のメンバーに知らせたり、マニュアルに追加したりしています。

――事後の介入には、メンバーの「能動性」が前提になりますよね。

そうなんです。それに、何か起こるまで待たなければならないので忍耐力が必要です。また、「まだ動いてないけれど、今にも動き出しそう」な、沸点ギリギリでウズウズしている人を見つけた時も、介入するようにしています。

個人の熱量を上げ、ハードルを下げる

――沸点ギリギリの人に対しては、どういう介入をするんですか?

沸点ギリギリの人には、「熱量を上げ、ハードルを下げる」ように介入します。大袈裟に何かするのではなく、「ちょっとやってみませんか?」と声をかけるというか、小突くんですよ。沸点ギリギリ、99℃の人って、ちょっとしたきっかけがあればすぐ100℃に熱量が上がり、動き出してくれるので。ですので、熱量を上げること自体よりも「ウズウズしている人はいないかな?」と観察することが重要です。

セットで必要なのが、アクションのハードルを下げることです。やりたいことに付随する「やらなくてはならないこと」を簡単にしたり、物理的な障害を取り除いたりしてファシリテーションするのもコミュニティデザイナーの役割だと思います。

さらに言うと、コミュニティにサステナビリティを持たせることも大事です。長く続くことのメリットはとてもシンプルで、メンバーがコミュニティに対して貢献するアクションを取りやすくなるんです。

これは心理学的にも証明されていて、人は短期的な関係だと搾取に走り、長期的な関係と思えると貢献するようになるのです。そもそも「続きそうだな」という予感が最低限ないと、搾取に走ってしまう可能性が高くなるし、続かない。サステナビリティを持たせるためにもコミュニティデザインは必要なのです。

「議論メシ」メンバー主催イベントの様子。

やりたいことがある人も、ない人も。自分らしい「関わり方」を

――色々とお伺いして、コミュニティに興味が出てきました。これからコミュニティに入りたい人は、どういう風に関わると良いですか?

そもそもコミュニティって、誰もが所属しているものだと思うんです。家族や会社もコミュニティの一形態なので。ただ、それぞれのコミュニティに求める目的が異なります。例えば、家族というコミュニティには「癒し」を求める、会社というコミュニティには「収入」を求めるという感じです。新しいコミュニティに入る際は、目的を意識すると良いと思います。

――すると、コミュニティに入るためには目的というか、「やりたいこと」が必要ですよね…。

やりたいことがない人にもコミュニティはおすすめですよ。コミュニティ内の「やりたいことがある人」を手伝っているうちに、自分のやりたいことが見つかることもありますし。

それに、ふだん接点のない人に会うことで自分のモデルケースが見つかることもあります。カオスの中の偶発的な出会いから、やりたいことを見つけて実現する。そういう場としてコミュニティを捉えると良いと思いますよ。

コミュニティで、失敗しないために

――これまでに、コミュニティでうまくいかなかったことはありますか?

沢山あります、実はこれまでに閉じてしまったコミュニティもいくつかあるんです。

まず、文化が欠けるとコミュニティはうまく行きません。文化がないと、メンバーの能動性を引き出せないので、コミュニティが盛り上がらないんです。

それに、運営メンバーを増やしすぎることも失敗談として聞きますね。内部に目的がある組織の場合、運営メンバーが多すぎると合意をとるのが難しいんです。

また、経験談ですが、コミュニティ単体でマネタイズしようとするとうまくいかないです。お金を得る場所は別にしたほうが良いと思います。結果としてマネタイズできたらそれは良いと思いますが、1つのコミュニティでお金も儲けて、仲間も増やして、面白いことをしよう、というのは難しいと思います。両立しないことが多いんですよね。

ワークライフバランスより、「コミュニティポートフォリオ」

――かといって、お金を得るためのコミュニティで面白さゼロ…というのもなかなか寂しいような気もします。

コミュニティごとの強みを把握し、「このコミュニティからはこれを100%得たい」という目的を明確にすると良いと思います。お金を100%得る「会社」というコミュニティで、70%くらいの面白さも得よう!みたいな。

ですので、お金以外に「自分にとっての報酬は何か?」を意識しておくといいですね。報酬って、実はお金だけではないんですよ。私にとっての報酬は6つあって、学び、稼ぎ、喜び、信頼残高、貢献、自己理解です。お金はそのひとつに過ぎません。大切なのは、報酬をどう自分の所属するコミュニティに織り込むかです。

――たしかに、報酬はお金だけではないのかも…。すると、「ワークライフバランス」という言葉もよく耳にしますが、ワークとライフ以外にも報酬はありそうですね。

ワークとライフという分け方は、割と雑な分け方だと思います。ワークとライフでバランスを取るのではなく、「ワークから得たいもの」と「ライフから得たいもの」でバランスをとるのです。つまり、報酬のバランスなんですよ。バランスを取るべきなのは報酬を得るために使う時間であって、ワークとライフの時間配分ではありません。

大切なのは、ポートフォリオ的な視点です。「どのコミュニティから、何の報酬を得るのか?」を考えてコミュニティを選択し、自分の「コミュニティポートフォリオ」を構築していく。作る側も参加する側も、これからのコミュニティと関わっていくために大切な視点だと思います。自分にとっての報酬を自分の望むバランスで得られる、そんな生き方が浸透していくと素敵ですよね。

【ライターあとがき】
自分が欲しい「報酬」が詰まった「コミュニティポートフォリオ」を築くことは、自分の望む生き方を実現させる、まさに「生きるを、デザイン」的な行動だと思いました。

無意識のうちに、報酬イコールお金・時間、と考えてしまいがちですが、実はさまざまな報酬が存在している。「嬉しい、楽しい」のような、自分の熱量が上がる瞬間に敏感でいると、自分にとっての「報酬」を理解でき、自分らしい「コミュニティポートフォリオ」が築けるのだと思いました。

取材をした人・チーム
チームランサー
フリーランサーやパラレルワーカーのための チーム支援プラットフォーム「チームランサー」を運営しています。読むチームランサーでは、複業・パラレルワーク実践者の体験談などをご紹介しています。
読むチームランサー

▼「そもそもコミュニティとは?」についてお伺いした黒田さんのインタビューもぜひ!
コミュニティデザイナーに聞いた、「コミュニティって、つまり何?」ー議論メシ 黒田悠介さん

ほっしーpeople_frame.png

「うつ病になっても人生詰むわけじゃない」諦めている人に伝えたい、メンタルハッカーのメッセージ

健康・医療

ヨシヒロpeople_frame.png

長距離通勤がツライって誰が決めた? 片道2時間を楽しむ男の話

ライフスタイル

Amika Yamadapeople_frame.png

好きなことで、生きていく。動物愛護に向き合い続けたNPO法人「KATZOC」代表・Amikaさんの8年

NPO・団体

ホリプーpeople_frame.png

やりたいことを仕事にし続ける人生には、何が必要か?〜「守りながら攻めていく」。アートディレクター・漫画家ホリプーさんへ、駆け出し大学生からの相談話

アート・カルチャー

古澤美典people_frame.png

「ハンデが個性に昇華される世界を」ロボジョが語る野望と<技術×エンタメ>の未来 古澤美典さん

インターネット・コンピュータ

たかれんpeople_frame.png

「フリースクールの存在を知り自分の進むべき道が決まった」たかれんがフリースクールRizを立ち上げるまで

NPO・団体

Tenpeople_frame.png

障害、病気、さまざまな事情を抱え、それでも自分らしく生きるために。「Ledesone」Tenさんと大川弘晃さんの挑戦

インターネット・コンピュータ

かっきーpeople_frame.png

webライターの需要と供給を繋げる「ライターチーム」とは。ライター・かっきーさんの目指す理想像

ビジネス