SPOTWRITE > NPO・団体 > コミュニティデザイナーに聞いた、「コミュニティって、つまり何?」ー議論メシ 黒田悠介さん
2019.10.29

コミュニティデザイナーに聞いた、「コミュニティって、つまり何?」ー議論メシ 黒田悠介さん

黒田 悠介

「議論で新結合を生み出す」というビジョンのもと、新たな職業とコミュニティを生み出します。

チームランサー

新しい働き方を応援するチームビルディングサービス。

この記事は、フリーランサーやパラレルワーカーのための チーム支援プラットフォームサービス「チームランサー」からの転載記事です

黒田 悠介
「議論で新結合を生み出す」というビジョンのもと、新たな職業とコミュニティを生み出します。
①【職業×議論】 ディスカッションパートナーを生業とする。スタートアップから大企業の新規事業まで、1on1を主とした議論で立ち上げを支援。
②【コミュニティ×議論】フラットでポジティブな対話「議論」でつながるコミュニティ「議論メシ」を主催。

その他、フリーランスコミュニティ「FreelanceNow」の発起人や、メディア「文系フリーランスって食べていけるの?」運営など、「フリーランス研究家」として働き方の多様性を高める活動も。ハンチング帽とメガネがトレードマーク。東京大学文学部心理学→ベンチャー社員×2→起業(売却)→キャリアカウンセラー→フリーランス研究家→ディスカッションパートナー→コミュニティデザイナーという紆余曲折なジャングルジム型のキャリア。
チームランサーの黒田悠介さんのページ
黒田悠介さんのチーム 議論メシ

イベントやSNSなどで見かけることも増えた「コミュニティ」。けれど、何となくわかりそうで、何となくわからない…。そんな方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、コミュニティデザイナーの黒田悠介さんにご協力いただき、あらゆる角度から「コミュニティとは何ぞや?」をインタビューさせていただきました!

コミュニティの色は「何でつながるか」

――現在、黒田さんが運営されているコミュニティについて教えてください。

現在はフリーランスナウ議論メシをメインに運営しています。
フリーランスナウは「案件」でつながるコミュニティです。フリーランスナウとして案件を受けて、メンバーとマッチングさせるプラットフォーム的な感じです。

一方、議論メシは「議論」でつながるコミュニティです。議論はポジティブでフラットなコミュニケーションで、人をつなぐ力があります。いつでもいろんな人と議論できる場があればいいなと思い、議論メシを立ち上げました。

――なるほど、コミュニティごとに「つながり方」は異なるのですね。

まさにそうです。「何でつながるか」は、そのコミュニティの色です。それが「情報」の場合もあるし、「文化」の場合もありますよね。他にもプロジェクトやコンテンツなど、「つながり方」のパターンはいくらでもあると思います。

あなたの組織はチーム? それともコミュニティ?

――逆に、コミュニティの条件って何かありますか?

あくまでも私の解釈ですが、人が集まった時にできるのは「グループ」「チーム」「コミュニティ」のどれかだと考えています。

――グループとチームとコミュニティ。何が違うのですか?

これも正式な定義ではないですが、グループは単に「人が集まっただけ」の状態です。そこに目的があると、チームまたはコミュニティになります。そしてチームとコミュニティの違いは、「組織の目的がどこにあるか」です。


「チーム」は、目的が外側にある組織です。例えばサッカーだと、「相手に勝つ」という、外に向けた目的を達成するために、11人の組織で取り組みますよね。ですので、サッカーをする組織は「チーム」と言えます。「自分たちがこうなりたい」というよりも、「相手にどう勝つか?」という、外側への目的を持つ組織です。一方、コミュニティは目的が内側にある組織です。メンバーの「やりたいこと」自体が組織の目的なのです。

――すると、チームとコミュニティは全く別の組織なのでしょうか?

一概にそうとも言えなく、チームとコミュニティの機能を併せ持つ組織もあります。コミュニティ的チームや、チーム的コミュニティもあると思います。ですので、明確に分けれるものでもありませんが、「今自分がいる組織はチームなのか、コミュニティなのか」を意識すると、組織に所属する目的を見失わないと思います。

「ひとりのやりたい」を「みんなでできる」へ

――コミュニティのメリットは何だとお考えですか?

「ひとりのやりたいを、みんなでできる」に発展できる点です。わざわざコミュニティに人が集まる理由って、「みんなでできること」に価値があるからだと思うんです。

実際に議論メシでも、山梨県を活性化したい思いを持つ方とドローンパイロットの方が出会い、ドローンを用いた山梨県の魅力を発信するプロジェクトに発展するコラボレーションも起きています。

山梨県のロッジ × ドローンのコラボレーションによる、動画配信プロジェクト。ドローンパイロットの方は、以前ご紹介したパラレルワーカーのちばまゆさんです。(ちばさんインタビュー記事はこちら

それに、起業経験のある人も議論メシには多く、起業したい人とメンタリングしあったりもしています。そこで起業する人も出ているし、議論によってその事業支援もできますしね。

――「やりたい」と、「できる」が循環していますね!

まさにそうです。循環や流動性はとても大切にしています。メンバーの誰もが旗を立てることができて、「やりたい」が「できる」になったり、そこから別のだれかの「やりたい」が生まれたり、というふうに循環していくのが理想です。こういった、どこに真ん中があるか分からない「メッシュ型」のコミュニティを作りたいですね。

「どうなるかわからん!」わざとカオスを作り出す

――メッシュ型のコミュニティのように流動性があると、いい意味でざっくりしたコミュニケーションがしやすそうですね。

ざっくりつながれるのもコミュニティの良いところです。仕事だとはっきりした要件定義が必要ですが、コミュニティは「なんとなくやりたい」と「なんとなくできる」のマッチングが可能です。こういうざっくりしたコラボレーションを、わざと起こすのがコミュニティデザイナーの役割だと思っています。

――うまくコミュニティを設計して整える感じでしょうか?

整えるというより、積極的にカオスを作ります。お膳立てしすぎると予想通りのことしか起きないので、あまり面白くないというか…偶発性が生まれないんです。偶発的なコラボレーションこそコミュニティの魅力なので、わざと「どうなるかわからん!」ようなカオス状態を作りますね。変わったテーマを扱ったり、違うやり方で議論したり。失敗するかもしれないけど、その時はすみません、みたいなスタンスです(笑)。

ですので、コミュニティを偶発性のためのサードプレイスとして使ってもらってもいいと思います。

――カオスや偶発性って、多様な価値観を持った人が集まってこそ生まれると思うのですが…異なる価値観の人が集まると、衝突することはありませんか?

それが、意見が衝突することはほぼないんです。これは、議論というコミュニケーション文化のおかげだと思っています。

議論は「皆でより良い答えを探る」創発的なコミュニケーションなので、「相手と自分、どちらが正しいか?」を競う討論とは異なります。協創的な議論の文化があるので、多様な価値観のメンバーが揃いながらも、良いコミュニケーションが取れているのだと思いますね。衝突ではなく摩擦が起きて、お互いが磨かれてポジティブな摩擦熱が生まれるのが理想の対話です。

【ライターあとがき】
「組織の目的は何なのか?」や、「組織内の人々は、何でどうつながっているのか?」を意識すると、自分の所属している組織の性質や特徴が見えてくる。「コミュニティとは何ぞや」を理解するのは、自分が今いる組織を知るのに有効だと思いました。

コミュニティで新しい出会いを生み出すために、カオスを作る。チーム内にコラボレーションを生み出すため、コミュニティ的要素を加えてみる。そういった、「コミュニティデザイン」の発想は、組織を活性化する素敵なクリエイティビティのひとつだと思いました。

取材をした人・チーム
チームランサー
フリーランサーやパラレルワーカーのための チーム支援プラットフォーム「チームランサー」を運営しています。読むチームランサーでは、複業・パラレルワーク実践者の体験談などをご紹介しています。
読むチームランサー

▼「コミュニティの選び方・関わり方」について、さらに詳しくお伺いした黒田さんのインタビューもぜひ!
コミュニティデザイナーが語る、「コミュニティポートフォリオ」のススメ ー議論メシ 黒田悠介さん

ほっしーpeople_frame.png

「うつ病になっても人生詰むわけじゃない」諦めている人に伝えたい、メンタルハッカーのメッセージ

健康・医療

ヨシヒロpeople_frame.png

長距離通勤がツライって誰が決めた? 片道2時間を楽しむ男の話

ライフスタイル

Amika Yamadapeople_frame.png

好きなことで、生きていく。動物愛護に向き合い続けたNPO法人「KATZOC」代表・Amikaさんの8年

NPO・団体

ホリプーpeople_frame.png

やりたいことを仕事にし続ける人生には、何が必要か?〜「守りながら攻めていく」。アートディレクター・漫画家ホリプーさんへ、駆け出し大学生からの相談話

アート・カルチャー

古澤美典people_frame.png

「ハンデが個性に昇華される世界を」ロボジョが語る野望と<技術×エンタメ>の未来 古澤美典さん

インターネット・コンピュータ

たかれんpeople_frame.png

「フリースクールの存在を知り自分の進むべき道が決まった」たかれんがフリースクールRizを立ち上げるまで

NPO・団体

Tenpeople_frame.png

障害、病気、さまざまな事情を抱え、それでも自分らしく生きるために。「Ledesone」Tenさんと大川弘晃さんの挑戦

インターネット・コンピュータ

かっきーpeople_frame.png

webライターの需要と供給を繋げる「ライターチーム」とは。ライター・かっきーさんの目指す理想像

ビジネス